CATEGORY

イタヤカエデ細工

武家屋敷で有名な秋田県角館で作られるイタヤ細工

イタヤ細工はイタヤカエデの若木を年輪に沿って割いたものの幅や厚みを揃え、
それを材料にした秋田県伝統的工芸品指定の編み組み品です。

今から200年前に農家の副業として始まったと言われています。
弾力はその特徴のひとつ。
雪の季節を耐えて育った木々のたくましさと繊細さを持ち合わせた北国らしい手仕事です。

素材を編めるようにしていく中でも
初期の木を割いていく工程は力も技術も必要な大変な作業なんです。
編み手はいても、その工程の担い手はごくごく限られているそうです。

やさしい表情のイタヤ細工。
そんな大変な工程がありますが
作り手さんのご夫婦は優しいお二人です。
優しい表情の秋田イタヤカエデ細工です。

表示件数:1~5/5